2014年10月4日土曜日

弘前市でも広報紙コンクールを


IMG_1972-2014-10-4-10-00.JPG
今日の地元紙に、八戸市での気になる取り組みが記事になっていました。何と、町会が発行している広報紙のコンクールを実施するのだそうで、471町会のうち100前後といいますから2割以上の町会で発行していること自体が驚きです。
わが昴町会では、町会結成当初から「プレアデス通信」という町会紙を毎月発行しており、今は町会長である私が発行責任者として頭を悩ませながら編集にあたっていますが、相馬地区では他に聞いたことがありませんし、市内を見渡しても多くはないのではないかと思います。
議会でも町会への加入率や低下していることでの弊害が問題とされることがありますが、町会としての活動やニュースを伝える広報紙もないのでは、引っ越してきた人からしても何のメリットがあるのかわからない存在に加入しようと思われなくても仕方がないことだと思います。
以前、町会活動のデータベース化を提言しましたが、その趣旨は市民自治の基礎単位である町会の活動を「見える」化することでしたので、このコンクールという方法ならば募集して表彰展示というシンプルな流れでできることですし、実現可能性は高いだけにぜひ検討してもらいたいものだと思います。

ただ、それを待っているのでは能がないので、この機会ですから皆さんの町会で発行している町会広報紙がありましたら、私宛に画像化したものを送っていただければ、それをこのサイトで公開して見比べられるようにしたいと思います。
当然ながら集まったものを評価するといったことはしませんので安心していただきたいのですが、内容に町会内のプライバシーにかかわるものが含まれていないかだけは確認していただければ助かります。
メールに添付の場合は、n.mikami@nifty.ne.jp まで、Facebookをご覧の場合はコメントにデータをつけてくださるかメッセージで送ってくださるよう、お願いします。

提言するばかりでなく、今自分でできることを形にすることも、こうしてやっていくつもりです。